水の知豆識


日本の水が年々悪化していることはみなさんご存知ですよね。
我々生活者や企業等が川や地下水を汚染して、それを浄水場でろ過、殺菌、消毒し水道水として供給しています。
この浄水場から出てくる水道水には各家庭に無菌状態で届けるために、残留性のある塩素(残留塩素)が入っています。
この塩素の濃度は、浄水場から一番遠い蛇口から吐水される時点で、最低0.1PPM以上の濃度でなければならないことになっています。
ということは、浄水場に近ければ近いほど残留塩素濃度が濃いことになります。
そして問題となるのは、残留塩素の濃度の上限が決まっていないことです。1PPMでも2PPMでも構わないのです。
一応目標値としては1PPM以下らしいのですが...。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。